Vライン脱毛の形

141
あなたはVラインの脱毛をしていますか?

他の部位の脱毛は、ただムダ毛を全てなくしてツルツルにするだけなのに対し、Vライン脱毛は、ある程度毛を残して処理するということで、どのくらい毛を残すのか、どのような形にするのかは人それぞれです。あなたのVラインは今どのような形をしていますか?

現在の流行やおすすめについて紹介します。

結論から申し上げますと、Vライン脱毛というくらいなので、Vラインの形V方、いわゆる逆三角形をつくるのが一般的です。

また、最近流行しているのは長方形です。しかし、Vラインと一言にいっても、縦に何センチか、横に何センチかというところまで検証するとキリがありません。

Vライン脱毛の形は、その人の個性でもありますので、自分の気に入った形であればどのような形でも良いと思いますし、最近の脱毛サロンでは、その形を念入りにカウンセリング時に打ち合わせ、希望通りの形を作ってくれる所がほとんどです。

下着や水着からはみ出ない状態であればどんな形でも良いという方もいるでしょうし、中にはハート型にしたいなど、個性を出したいという方もいるでしょう。

Vライン自体が元々毛の生え方、形が人によって違いますので、同じ形にしようと思っても、微妙に違ったり、脱毛する範囲も違ってくるでしょう。

最近では、Vラインの形を決めるグッズとして、Vライン形の型紙のような製品も発売されているようです。

ただ、サロンや医療機関を利用するのであれば必要ないでしょう。

普通の形を求めているのであれば、逆三角形か長方形を選ぶと良いと思います。

また、少し珍しさを求めるのであれば、卵型を選択する方もいるようです。

どちらにしても、永久脱毛するのであれば、形を変えたいと再び毛を生やすことは難しいので、後悔しない形を選択しましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ